ほろ苦いあの頃

この曲の表示回数 2,594
歌手:

古谷一行


作詞:

山川啓介


作曲:

東郷和声


この街歩けば サラサラと
こぼれる 青春の砂時計
昔のあだ名を 呼びながら
かけてくるよ あの人の まぼろし
やさしく そして ほろ苦いあの頃
悲しいくらい 若かった
キャンパス通りの 人ごみの
若さに目を伏せてゆく 春の日

学生芝居に 明け暮れて
なんにも見えなかった おれだった
噂じゃあれから あの人も
不幸せに泣いてたと 言うけど
やさしく そして ほろ苦いあの頃
悲しいくらい 若かった
古びた映画を 見るように
セピア色の思い出が めぐるよ

やさしく そして ほろ苦いあの頃
悲しいくらい 若かった
キャンパス通りの 人ごみの
若さに目を伏せてゆく 春の日
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ほろ苦いあの頃 歌手:古谷一行

古谷一行の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-11-01
商品番号:CRCP-147
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP