試聴する

女神と絵葉書

この曲の表示回数 2,773

「絵葉書に走る文字、最初にくれたラブレター。
あなたの書き癖やさしくてなつかしい…」

昨日見た夢語る、君の瞳は遠くの、
遥か彼方見つめてる女神の眼差し。

ふたりだけの思い出、共に生きた思い出を窓に
そよぐ風に乗せて、紡ぐようにひとつひとつ詠おう。

その笑顔いつまでも忘れぬよう、
僕は心深く刻みつけている。

「絵葉書のあの場所にいつかふたりで行こうね」、
力の無い笑みうかべ僕を見て、うなずく。

君はもう残された時を数えているのかい?
僕は切なくて涙をこらえきれず、はらりはらり悔やむ。

どこまでもつないだ手と手離さず、抱きしめたまま
ふたり遠くに旅立ちたい。Wo~‥

時は過ぎ、すべて愛に最後は変わる季節の、あの日…
僕は今、絵葉書の景色の中をひとりで、君の追憶と歩いているよ。

ふたりで、二人で…。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女神と絵葉書 歌手:ニコラス・エドワーズ

ニコラス・エドワーズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-10-21
商品番号:EDCE-1023
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP