Infinite Love

この曲の表示回数 3,245
歌手:

Mary's Blood


作詞:

Eye


作曲:

Eye


肌寒くなった風が 頬を撫でていった
セピア色になる夏の あなたとのあの日

一つ 一つ
鞄の中いっぱいにして

あと少し 隣にいたいから
帰り道ゆっくり歩いてみたり
もう少し 甘えていたいから
うそ泣きしたのにあなたは笑ってたり

降り積もる雪を眺め
帰りを待つクリスマス

いつも いつも 楽しかった
あなたを想って

もしも今 季節が止まったら
いつまでも寄り添っていられるのに
なぜかしら ふと寂しくなって
気持ちがあふれる…離さないでいて

過ぎ去っていくあの日も
これから歩むその日も
特別なアルバムに変えて

年老いた春もきっと
手を繋ぎ歩こうね

あと少し 隣にいたいから
変わらないあなたへの想いを誓う
だからもう少し 二人でいられるよう
生まれ変わってもあなたを探すわ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Infinite Love 歌手:Mary's Blood

Mary's Bloodの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-10-07
商品番号:VICL-64416
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP