私の人生、人生の夏 feat. 小泉今日子

この曲の表示回数 4,501
歌手:

PIZZICATO ONE


作詞:

小西康陽


作曲:

小西康陽


太陽がちょうど真上にくると私はベッドから起き出す
大好きなレコードを小さな音でかけて
一杯のおいしい水を飲んで猫にもミルクをあげよう
大嫌いなTVのニュースの音を消すの
いつの間にか夏は過ぎる
たとえあなたと別れても私はきっと新しい秋を生きるの
ひとりで生きるの
神様が私をお試しになる
いまはたぶんそんな時でしょう
大好きなレコードはいつもすぐに終わるの

いつの間にか夏は過ぎる
新しいシャツに着替えて私は私の人生を生きるの
ひとりで生きるの
神様が私をお試しになる
いまはたぶんそんな時でしょう
大好きなレコードはもうしばらく聴かない
次の夏が来るまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:私の人生、人生の夏 feat. 小泉今日子 歌手:PIZZICATO ONE

PIZZICATO ONEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/06/24
商品番号:UCCJ-2125
ユニバーサル ミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP