試聴する

Endless Summer

この曲の表示回数 4,666
歌手:

杉山清貴


作詞:

増田俊郎


作曲:

増田俊郎


雨上がりの 厚い雲の切れ目から
光りが海に降りた
さっきまでの 土砂降りが嘘のように
波が輝きだした

海岸に 停めた車の中で
二人黙ったまま
遙か空へ 遠離る流れ雲に
深い溜息をついて

「夏が通り過ぎて行くね 水平線の向こうへ」
君は陽に焼けたひざを 抱きながら呟やいた

二人だけのEndless Summer
たとえ夏が終わっても
二人だけのEndless Summer
構わないさ君がいる

波の上で 揺れながら過ぎて行った
夏は幻のように
今は誰もいない 砂浜で二人
じっと沖を見ている

「夏からの帰り道を もう探さなくてもいいよね」
振り向いた君の瞳に 永遠が瞬いた

二人だけのEndless Summer
たとえ夏が終わっても
二人だけのEndless Summer
構わないさ君がいる

二人だけのEndless Summer
たとえ夏が終わっても
二人だけのEndless Summer
構わないさ君がいる

二人だけのEndless Summer
たとえ夏が終わっても
二人だけのEndless Summer
君が僕の夏だから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Endless Summer 歌手:杉山清貴

杉山清貴の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-09-25
商品番号:WPC6-8136
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP