駅裏あかり

この曲の表示回数 9,291
歌手:

五木ひろし


作詞:

吉岡治


作曲:

上総優(五木ひろし)


義理を通せば 肩が凝る
不義理を重ねりゃ うしろ指
委細承知で チラチラ 駅裏あかり
明日はどちらの 港宿

楽におなりと 酒が言う
楽にはなれない 意地っ張り
なにを好んで チラチラ 駅裏あかり
問わず語りが やる瀬ない

軒のネオンも くたびれて
ねぶたのねの字が 消えている
俺にゃ似合いの チラチラ 駅裏あかり
背中すぼめりゃ 風が吹く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:駅裏あかり 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-08-24
商品番号:FKCX-5020
ファイブズエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP