試聴する

ほおずき

この曲の表示回数 4,829
歌手:

豊崎愛生


作詞:

蔡忠浩


作曲:

蔡忠浩


花びらをそっとしまうように夕凪は来る
午後の半分を濡らした雨のその後に

鮮やかに紅く君の頬を染めたほおずき
にぎわう通りで僕が初めて恋に落ちた色

夏はその美しい力で
幼さない僕たちを永遠にした
恋のその美しいしくみは
一瞬の夢の夢 神様といた時

幾つかの川を渡ると海も見える
恋の幼さばかりが残るこの街を

涙流さずに魔法を解いて僕はゆく
懐かしく華やぐ通りを染めているのは

ほおずき
ほおずきがさよならと
解けてゆく魔法のまぎわ
もう行かなくては

夏の美しい光
僕がもう暮らすのはここじゃないけど
愛の美しいしくみ
すべては祝福と 今ならわかるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ほおずき 歌手:豊崎愛生

豊崎愛生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-06-24
商品番号:SMCL-385
ミュージックレイン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP