ニフルヘイムの子守唄

この曲の表示回数 4,337
歌手:

Asriel


作詞:

岡島薊


作曲:

黒瀬圭亮


冷たい背中を向けないで
いつでも温かいその手が
差し伸べられてくるのを願ってる

どうしたら触れてくれるの?
あなたの熱がほしいだけなのに
抱きしめたこの身体は
凍えている 孤独(ひとり)の胸が…

描いた拙い夢を この手で破きながら
わたしは憎み愛し求めている
変わらないこの季節(とき)の 中だけでただ眠る
ことがどうして許されていないの?

どうしてあなたの眼差しは わたしに届かない?
その眼に映ることを いい子でまっていた

どこに行けば聞こえるの?
あなたの囁きほしいだけでも
聞こえない 優しい声
飲み込まれて潰されていく

描いた拙い夢は 掠れて消えゆくこと
わたしはきっとはじめから知ってた
変わらないこの季節(とき)の中だけで
ただ眠ることが叶わないとしても

いつも振り払う素振り見せて
伸ばされた手を拒む
あたたかい手が 本当は怖くて
臆病なこの歌を ひたすらくりかえして
どうかこのまま 虚像(ねむり)から醒めないで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ニフルヘイムの子守唄 歌手:Asriel

Asrielの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/05/27
商品番号:PCCA-4212
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP