試聴する

夏の夢

この曲の表示回数 9,368
歌手:

半崎美子


作詞:

半崎美子


作曲:

半崎美子


あぜ道を遠くうつす陽炎が揺れている
沈黙を破るように夏草が踊る

思い出せば出すほどに胸の奥を焦がすよ
湿った風に連れられてあなたの夢を見た

笹舟に乗せた明日を幼さが揺らしていた
泡沫の季節に咲くあなたの面影

思い出せば出すほどに胸の奥を照らすよ
帰らぬ日は陽射しに溶けて夏の空を彷徨う

思い出せば出すほどに胸の奥を染めるよ
帰らぬ日はよせては返し波のように漂う

帰らぬ日は煌めくように夏の夜を彩る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の夢 歌手:半崎美子

半崎美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-03-25
商品番号:DDCZ-2015
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP