こいびとの昔語りの夕暮れの

この曲の表示回数 11,196
歌手:

Kalafina


作詞:

梶浦由記


作曲:

梶浦由記


こいびとの昔語りの夕暮れの
草野が黄金(きん)に染まる頃
土の香りに噎せ返る
山裾にひとつの旗
雨に汚れたままで
淀んだ風を呼んでいる

静けさは立ち昇り立ち昇り
夏の日の僕らの秘密は眠る
白い旗の元に
白い旗の元に

紅の涙と焔に焼かれて
ぼくらは何処まで静かになれるの
きらきらと朝露を残した
草の穂をかきわけてかきわけて
こいびとの昔語りのうつくしさ

寂しさは立ち昇り立ち昇り
しんしんとこの胸を呼び戻す
静けさは立ち昇り立ち昇り
なつのひの僕らは還る
白い旗の元へ
白い旗の元へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:こいびとの昔語りの夕暮れの 歌手:Kalafina

Kalafinaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-13
商品番号:SECL-1695
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP