試聴する

セツナストーリー

この曲の表示回数 1,710
歌手:

sacra


作詞:

木谷雅


作曲:

木谷雅


雨上がり濡れた車道 映りこんだ赤信号
夢のベクトルの方と君の事を想ってた

伸ばし続けた可能性 選ぶ時期がきたみたいだ
どこから手をつけようか 考えてたら青になっていた

ここから行く路 間違いなどないけれど
なるべく僕らしくいたいと願うから

いつか儚い運命が僕を待ってたとしても
君のすべてをきっと守っていられますように
約束の場所 描くストーリー ついてきてくれるかい
強くアクセル踏み込んで

愛するものは増えてく それゆえ臆病にもなる
怖いもん知らずだった時代が少し羨ましくなる

手にするためには何かしら捨てなくちゃ
それがもし君と過ごす時間だというなら

僕が目指すものって何だろう?って疑いもするよ
君はそれでも全部悟っているかのように
微笑んだまま いつも通り目の前に座って
今日の出来事を話すだろう

飛び散った水しぶき 照らした月灯り
「栄光はこちらです」と誘われてるかのよう 今行くから

虚しさの中だからこそ気づけた温もりを
僕を走らせてく力と強さに変えて
いつか素晴らしい運命が僕を包んだとしても
君とのあらゆる日々を忘れてしまわぬように
約束の場所 描くストーリー ついてきて欲しいんだ
強くアクセル踏み込んで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:セツナストーリー 歌手:sacra

sacraの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP