試聴する

最終バス

この曲の表示回数 6,527
歌手:

USAGI


作詞:

上田和寛


作曲:

上田和寛


寒さを凌ぎながら 春を待ちわびている
桜の蕾たちに 街灯りがスポットをあててる
いつしか 君がいること 当たり前になっていた
頼りない僕のこと いつも君は 照らしてくれた

あと少しで さよならだね
笑顔で行くはずだったのに
別れ際に どうしてこんなにも
思い出が込み上げる

最終のバスが来たのに
それなのに君の手を まだ離せないでいるよ
この涙は悲しみじゃない
君と出逢えたことに ありがとう

僕らが見つめるのは 互いの姿じゃなく
きっと遠い未来を見つめることで 大人になる

バスのドアが閉まっていく
スローモーションに見えたよ
君が消えるその瞬間まで
手を振った 手を振った

それぞれの日々を過ごしても
心の中でいつも君を思い続けるよ
この涙は悲しみじゃない
君と出逢えたことに ありがとう

どれだけ遠く離れても この空は繋がっているから
振り返らない 振り返らない

最終のバスで向かうよ
僕の描いた夢と君の願いを連れて
この涙は悲しみじゃない
君と出逢えたことに ありがとう
春の風がもうすぐ 吹く頃
最終バスに揺られて…
La la la…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最終バス 歌手:USAGI

USAGIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/05/13
商品番号:UPCH-20384
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP