試聴する

微熱

この曲の表示回数 2,995
歌手:

D-51


作詞:

真戸原直人


作曲:

真戸原直人


風車揺れる夏の夜 昼間の暑さがまだ貼り付いてた
「人混みを避けて遠くで見よう」君は僕の手を握り締めた

輝く花火を背にしたまま 慣れない缶ビールと下駄擦れ気にして
いつもより遅く歩く二人 さよならの意味を探していた

夢など無ければ 離れぬまま 季節を越えていた
君は僕の全てをただ受け入れていた

夏が終わり 君は消えてく 涙の中 儚さを
残したままで 秋は訪れ 冬を越えて 巡り合う時まで

「元気で暮らしているでしょうか?」 貴方らしくまだ輝いていますか?
返せないままの言葉達が 今も胸の中 刻まれている

過ぎ行く時間の中で僕ら こんなに未来の
価値や意味が変わると思いもしなかった

夢が終わり 君を連れて行く 他にはもう 何もない
叶う事など あるのでしょうか 時を越えて 結ばれる想いは

夏が終わり 君は消えてく 涙の中 儚さを
残したままで 秋は訪れ 冬を越えて 巡り合う

夢が終わり 君を連れて行く 他にはもう 何もない
全てを捨てて 今会いにいく 時を越えて 伝えたい想いと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:微熱 歌手:D-51

D-51の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-04-29
商品番号:TKCA-74210
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP