試聴する

Unreachable Voice

この曲の表示回数 3,826
歌手:

MERRY


作詞:

ガラ


作曲:

結生


懐かしい君の香りがして ふと足を止めた
もう一年も経つのに まだ君を探している

終電で家に帰る 窓ガラスに映る顔は酷く疲れてる
新宿から2つ目の駅 下車して改札を出る
階段を昇り歩いてく いつものコンビニの灯りが見えてくる
その灯りに吸い込まれるように用もないのに立ち寄った

ついつい余計な物ばかり買う 僕に君はいつも怒るんだ
それを笑ってごまかす
そのやりとりを思い出して切ない…

弱い人間だから 一人じゃ生きていけなくて
何もしてやれなかったことを今更 後悔している

離れて初めて気づくこの想い 隣に居るのが当たり前だった
冷たい風が通り抜けてゆく 僕の冬が始まった

届け愛の歌 不器用だから 上手く伝えられないかもしれないけど
この歌の意味を君に分かって欲しい 溢れ出すこの想いを

君に届けこの歌よ
君に届けこの愛よ
君に今、会いたくて
君に今、会いたくて…君に…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Unreachable Voice 歌手:MERRY

MERRYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-12-24
商品番号:SFCD-0149
SMD itaku (music)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP