放浪いの果てに

この曲の表示回数 20,454
歌手:

まつざき幸介


作詞:

かず翼


作曲:

小田純平


故郷を離れ 幾年か
両手の指でも まだ足りないね
名も知らぬ駅の 路地裏で
酒が沁みるよ 心のささくれに
放浪(さすら)って初めて 見えるものがある
一つところに 根を張れぬ
浮き草みたいな 男にも
夢がある明日(あす)がある 思い出がある

忘れたわけじゃ ないけれど
家路は遥かな あの空の下
待つ人もいない ふるさとが
酒に浮かぶよ しみじみ懐かしい
放浪って初めて 気づく時がある
一人残した 母親の
気丈な心の その裏の
淋しさよ哀しみよ 大きな愛よ

放浪って初めて 見える道がある
命焦がして 沈む夕陽(ひ)よ
自分に恥じずに 生きれたら
悔やむまい恨むまい この人生を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:放浪いの果てに 歌手:まつざき幸介

まつざき幸介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014/12/03
商品番号:CRCN-1835
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP