誓いのブリッジ

この曲の表示回数 2,511

遠くから 風が運んでくれた 春のにおい
君だけが本当のやさしさを教えてくれた

瞳が迷ったなら 夜空をさがしてみよう
二人見上げた 星がまばたくから そっとウインクをして

君と幸せを誓う 心のブリッジかけよう

あの時は 泣きながら 帰り道歩いていた
いつだって頬寄せて ぬくもりを伝えてくれた

勇気がかじかんでも 心があたたまったら
きっと元気で 未来に駆けだせる だから微笑みかけて

みんな幸せになれる 光のブリッジかけよう

もしも忘れたって 星座をたどってみれば
君と話した 内緒話と似た 夢が浮かび上がるよ

大好きな 七色にあふれてる 春のにおい
いつまでも 本当の優しさを 伝えて欲しいよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:誓いのブリッジ 歌手:安達祐実

安達祐実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-12-16
商品番号:VICL-716
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP