プロローグ

この曲の表示回数 2,080
歌手:

日高のり子


作詞:

NONKO


作曲:

岸村正実


恋のプロローグは
いつでも いたずらに
気づかないうち
胸の中に すべり込む

淋しい瞳…
見つめられると 苦しくて
ジョークとばして
ごまかした … ごめんね
意地悪よね――

あなた 嫌いなんて
言えるはずもない
好きというには まだ
何かが 足りないから

いつか二人で話したこと
覚えてる?
遊びで恋はできないよね
いつだって

つないだ小指…
ひき寄せて目を閉じた
ゆびきりのワケ
私にも話してはくれないのね

いつか…好きと
言ってくれるかもしれない
今は心の中
手さぐりするだけ

ほんの少しでいい
勇気を持てたら
一人 夢の中で
泣くことなくなるのに

ほんの少しでいい
勇気を持てたら
一人 夢の中で
泣くことなくなるのに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:プロローグ 歌手:日高のり子

日高のり子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-08-20
商品番号:PCCA-112
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP