裸足の想いで

この曲の表示回数 2,134
歌手:

日高のり子


作詞:

NONKO


作曲:

菅原進


潮風にふかれて
歩く海辺に
裸足のあし跡
ふり返ってみるの

白い砂浜 波が
二人の思い出
消して ひいてゆくわ

もし あの日 サヨナラをしなければ
アルバムに1ページ 秘密 増えたのに
いま わたし ちょっぴり悔やんでる
ごめんネと言いたくて
言えなかったことを…

オレンジの夕陽が
波に溶けあって
わたしの心も
せつなく痛むの

あなたに書いた
渚の絵はがき
泣きそうな文字を
砂にうめた

もし あの日 素直に泣けたなら
アルバムに1ページ 愛が増えたのに
何故 わたし 強がり 言ったの
あなたがいなくても 大丈夫だなんて…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:裸足の想いで 歌手:日高のり子

日高のり子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-08-20
商品番号:PCCA-112
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP