日の出の日

この曲の表示回数 3,371
歌手:

中村一義


作詞:

中村一義


作曲:

中村一義


眠れないなぁ。
じっとしていたって、消えるようで…ドアの向こう側へ。
瞳から、どっと溢れ出た、あめ玉を置いてっても、
気持ちは残りそうで…。

道行けば、さっき、ここで空になった猫が眠る。
最後のあめ玉、おまえにね、あげるよ。

じゃあさ、ちょっとだけ大あくびして、
追いかけてきた夜を振り切り、
ラララ、唄って、おまえを乗せて、
人気ない川の朝へ…最高だから…最高だから。

数えないと忘れるようなもんは、
車線の向こう側へ弾けて飛んだ。
暗いせいか、睡魔が呼ぶせいか、ボヤけたって、
“たったひとつ”は、今、ここにある。さぁ、着いたよ。

じゃあさ、ちょっとだけ、土手に寝っ転んで、
僕等を追ってた夜も、呼び寄せ、
ラララ、唄ってさ、一緒に見ようよ。
人気のない川の朝は…最高だから…最高だから。

眠たくて、僕はもう動けずに、目、開けられるだけで。
最後の願いは「太陽よ、目の前に…」…!!

見ろ!!

太陽が目の前に。
太陽が闇を包み…。
太陽が、この全てを…。
目覚めたら、「昼過ぎだわ。あぁ…」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:日の出の日 歌手:中村一義

中村一義の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-18
商品番号:PHCL-5120
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP