遠い空に

この曲の表示回数 2,377
歌手:

和久井映見


作詞:

五島良子


作曲:

五島良子


涙がこぼれそうで
背中をむけたままで
ゆっくりと横切る飛行機を
見上げてたあの日

私が描く夢と
あなたが探す夢と
どこまでも追いかける二人に
流された季節

ひとりで強がるほど
若くはないこと
気付いていたつもりなのに

遠ざかる足音を
風が運んだ後も
振り返ることさえできないで
夕暮れの空に泣いた。

住み慣れたこの街が
私を勇気づける
駅前の小さな映画館
川べりの景色

少しはまだ心に
せつない思い出
いつかきっととびこえるわ

偶然またどこかで
あなたに出逢えば
久し振りと 手をふるから

もう二度と泣かないわ
今そっとつぶやいた
ゆっくりと横切る飛行機を
見上げてた遠い空に。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:遠い空に 歌手:和久井映見

和久井映見の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-01-25
商品番号:PSCR-5434
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP