その男、時空犯罪未遂容疑者につき

この曲の表示回数 7,957
歌手:

空想委員会


作詞:

三浦隆一


作曲:

岡田典之


理由を捜してた
こんなに近いのにどうしてこの僕が任意の1人になったのか
君が必要としてそうな男になりたくて生きてきた

何もかもが裏目だった
君の理想のタイプとは「優しさ」が唯一の武器の
恋愛弱者の奴ではない
手間暇かけて積み上げてきた 頑丈な土台は邪魔なだけ
可能なら全部置き換えたい
一説によるならば 時間旅行の実現には不可能なことではない
それを使わない手はないな
タイムマシーンの開発費出してでも

一つ一つ遡って 少しずつ歴史を変えて
望んだ居場所手に入れたい 四次元空間を飛び越して

肩震わせて泣いた君に ハンカチを差し出したけど
ただ抱きしめればよかった

何もかも生まれ変わって 特別な地位手に入れて
君は僕なしで生きれない かわいい女の子になった

時空を越えての過去の捏造
それは重罪に値する
喜んで指名手配されよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:その男、時空犯罪未遂容疑者につき 歌手:空想委員会

空想委員会の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-09-19
商品番号:OECD-1
ONE EIGHT RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP