23:50

この曲の表示回数 9,389
歌手:

空想委員会


作詞:

三浦隆一


作曲:

三浦隆一


最終列車 君に会いたくて飛び乗った
胸に湧いた不安に押し潰されないように 行こう

君の態度 変わっていく 何も言わないけれど
二人でいる時間に比例して想いまでなくなってくようだ

変わっていくものなら いらないと思ってた
変わらぬものだけ 欲しがってた 弱い僕

理想の未来に向かって君は走り出した
置き去りにされる 予感がした

君を好きなことに 嘘はないはずなのに

窓に映る僕を 灯りが通り抜ける
わかってるんだよ本当は 今 君は懸命に道を探してる

いつか 変わるなら いらない
強がってみたけど
変わりつつある君は確かに素敵になった

答えを出すのは きっと 僕の方なんだろう

数分もすれば 君の街だ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:23:50 歌手:空想委員会

空想委員会の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-09-19
商品番号:OECD-1
ONE EIGHT RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP