試聴する

Seven Days, Seven Nights

この曲の表示回数 5,119
歌手:

宮沢和史


作詞:

宮沢和史


作曲:

宮沢和史


口笛吹いて 君を誘って
二人乗りで代田橋まで行く

ジャングルジムに 隠しておいた
満月を君に見せてあげたい

Seven Days
僕らはいつも手ぶらで
暮らしてた
君がそばにいれば怖くはなかった

12時過ぎの 下北沢は
バイト帰りの人賑わう町

道に落ちてた ソファーを運ぶ
こそ泥みたいな二人に吠える犬

Seven Nights
100円玉ほどもない
プライドを
ポケットから出して見せびらかしてた

眠れない
夜に作ったつまらない
歌は全部
灰皿の中でくすぶって消えた

口笛吹いて おなか鳴らして
ジオラマみたいなこの町に
夕暮色のカーテンかけに行こう

口笛吹いて 君を誘って
ジオラマみたいなこの町に
夕暮色のカーテンに
ありったけの星をはりつけよう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Seven Days, Seven Nights 歌手:宮沢和史

宮沢和史の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/03/18
商品番号:TOCT-10214
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP