フォノグラフ

この曲の表示回数 15,068
歌手:

TOKIO


作詞:

HIKARI


作曲:

HIKARI


何もない日々を描いて回るレコード
肥大したフレーズがスロウに
胸の細胞でにじんだ

ああ 君が告げた過去に
ああ いつしか近づいてく様で

浴びたいのに離れて行く
陽射し求める僕ら
意味ない笑い繰り返して今
何もない日曜がまた過ぎる

声に出せたら楽なのにただ
核心はそっと隠した
あの日僕らが探してたのは
サヨナラとはちょっと違ってたから

何が大事かなんて今でも判らない
やがて 余計なものは消えて行くだけ

ああ 君が消えないように
ああ 今はただ祈るだけ

声に出せたら 楽なのにまだ
隠してる言葉があるんだ
あの日僕らが 抱えてたのと
比べられない程 大きな

例えば誰もが 同じ場所へと
辿り着こうとしてるのなら
いつか見た様な 慣れない今日を
君のそばで過ごしたいんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:フォノグラフ 歌手:TOKIO

TOKIOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-19
商品番号:UPCH-1219
ユニバーサルJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP