天体のワルツ

この曲の表示回数 3,317
歌手:

bonobos


作詞:

蔡忠浩


作曲:

蔡忠浩


ごきげんようと隕石はキスをした
アスピリン散らばった星の光は
ピカピカ夜露を踏み歩いては遊ぶ
僕たちにも届いてるよ

あの流星がサバンナの朝に届く頃
球体の隅っこ 東京の夜は更けていく
天体のワルツは永遠に続くようだ

さぁ、帰ろう
僕たちも暮らしをそれぞれ続けなくちゃ
恋するように 恋するように
毎日手紙を書くように朝と夜を重ねてゆこう
暖かな火を囲みながら

さぁ、行こう
争いも悲しみもどうか程々に
恋するように 恋するように
誰かの手紙を読むように穏やかな夜を過ごそう
暖かな火を囲みながら

愛すべき友人や家族、恋人と
ともに暮らせる日々はとても短い
あたたかな雨が降るあいだ
ほんのひととき
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天体のワルツ 歌手:bonobos

bonobosの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-04-15
商品番号:PCD-26027
Pヴァイン・レコード/ORANGE LINE TRAXXX

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP