いばらの園

この曲の表示回数 5,832
歌手:

MIHO


作詞:

岡田冨美子


作曲:

杉本眞人


言葉で確かめあえば
吐息がすれ違うから
ぬくもりだけを頼りに
抱き合いさまよう日々…
愛がつらいと泣けるよろこび
明日も逢える?と訊けるときめき
この運命を共に生きて生きて
終着駅がいばらの園でも
そこに一輪の花さえ咲いていれば…

離れているとからだに
あなたがあふれてくるの
しあわせがこわいなんて
しあわせすぎるからね…
愛がどんなに罪深くても
夢の中へと時間(とき)は流れる
この人生を熱く生きて生きて
終着駅がいばらの園でも
そこに小さなベッドがあればいいの

愛がつらいと泣けるよろこび
明日も逢える?と訊けるときめき
この運命を共に生きて生きて
終着駅がいばらの園でも
そこに一輪の花さえ咲いていれば…

そこに一輪の花さえ咲いていれば…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いばらの園 歌手:MIHO

MIHOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-04-02
商品番号:CRCN-1781
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP