東京都羅刹区

この曲の表示回数 10,848
歌手:

ナイトメア


作詞:

咲人


作曲:

RUKA


お前がものを言わぬ物ならば
壊して それを直し また壊して
何度も痛みを与えられるのに

間抜けな穴のように口元には
微笑み 異常な程毒を含む

かつて「奪われた」記憶が
風化して消え去ったら
何事も無いように許してしまいそうなのが
なにより怖い

この目から見える世界が常と違ったとて
それでいいのさ かまわない
この先がただ独りでも
薄ら寒いその存在の全てを否定しよう
汚れた願い叶うなら
俗を断ち切り鬼にもなろう

唾液にまみれた言葉は
中身のない屁理屈
息をするかのように次々と生み出されて

それらは意味など成さない
空虚なただの「音」だ
独り舞台の進化
オマエは気付いているのか
それとも否か

この目から見える 世界が常と違ったとて
それでいいのさ かまわない
この先がただ独りでも
薄ら寒いその存在を何度も否定しよう
寄せては返す 血の臭い
漂うここは 羅刹の庭
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:東京都羅刹区 歌手:ナイトメア

ナイトメアの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-03-19
商品番号:YICQ-10344
HPQ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP