試聴する

月は瞬いている

この曲の表示回数 3,453
歌手:

吉木りさ


作詞:

只野菜摘


作曲:

宮崎誠


流れる蒼の風景
揺らめいてる 音もなく
まだ眠らない暮らしが
窓の灯りに輝いてる

今夜も話しすぎてしまった
アノヒトといるとどうして
涙ほどけるこの夜に
答えまで捜しだせる

月は瞬いている
まだ見ぬ裏側
せつなく美しい
心と感じる

親友に なれたらって
時間さえ忘れて
語りあって
また会おうって微笑んだ
夜明け

静かに光る強さが
横顔からあふれてた
何か欠けたという時は
闇にまぎれて休めばいい

見せたくないと願う場所なら
開くまで邪魔はしない
沈黙の扉の前で
鍵のように守っていく

月はまばたいている
暦を映して
私も磨きたい
鏡と感じる

無垢になって
思いやって
解りあって 優しさ
強くなって
これからを始めよう

月に何をみつめる
月に何を想う
大切な誰かをかさねていたなら
しあわせになるように
満ち足りていく日々を
過ごしていけるようにと
祈る自分でいたい

無垢になって
思いやって
解りあって 優しさ
強くなって
これからを始めよう

今 夜明け
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月は瞬いている 歌手:吉木りさ

吉木りさの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-03-05
商品番号:COCP-38441
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP