試聴する

追憶のカンパーナ

この曲の表示回数 5,631

黄昏の雲が
滲んで溶けた
あの日の石畳
鐘が鳴る

若かった頃の
さよならの意味も
いまならよくわかる

どこまでも
続く道を選び
そう…
ふと立ち止まるとき

思い出が
深く香る
心だけは
なにも変わらない

いつのまにか
過ぎた日々が
明日に架かる
虹になる

時は決して
めぐり逢いを
時は決して
裏切らないだろう

そう…
笑顔は忘れない
そう…
涙も覚えてる

人生が
次のかたち
求めても
きっと変わらずに

いまも遠く
鐘の音が
あの日のまま
聴こえてる

人は決して
愛のために
つなぐ夢を
忘れてはいない

いつのまにか
過ぎた日々が
明日に架かる
虹になる

時は決して
めぐり逢いを
時は決して
裏切らないだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:追憶のカンパーナ 歌手:秋川雅史

秋川雅史の新着情報

  •  / ♪勝つと思うな思えば負けよ
  • 真赤な太陽 / ♪まっかに燃えた太陽だから
  • 哀愁波止場 / ♪夜の波止場にゃ誰あれもいない
  • 愛燦燦 / ♪雨潸々とこの身に落ちて
  • リンゴ追分 / ♪リンゴの花びらが風に散った

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP