蒼穹の光(Short ver)

この曲の表示回数 4,099
歌手:

飛蘭


作詞:

飛蘭


作曲:

菊田大介(Elements Garden)


境界はすでに 眠りから
喚起しては 繰り返す
這う 悪の源流
踏み出したら もう戻れない
出口のない 幻想か?
それでも 進むしかない

ぎりぎりの 賭けを背に
得られる 無上の傷は
どれだけの 価値なのか
歪まない心 さあ 試すがいい 神の正義へ

蒼い空に散らばる
孤高の地球(ほし)
運命(さだめ)を見せたら 超えるだろう
消え去るような光 取り戻したい
真の勝利に 核心を捉える日まで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:蒼穹の光(Short ver) 歌手:飛蘭

飛蘭の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP