君ヲ想フ

この曲の表示回数 46,822

紅く 棚引く雲は
誰の泣き顔か
灯り 消えて点って
明日を手招いている

ひとりで行くと決めた時に
確かに心が
宿命という声を聞いた

窓に浮かんだ景色
今を縁取れば
出せない絵葉書の中
街が呼吸している

振り回されて千切れぬように
流れを感じる
魂までも失くさぬように

咲いては枯れゆく花
ゆらりゆれる
それでも なぜ こんなにも
君を想うの?

過ぎ去り、また燃える夏
めぐりめぐる
今でも 離れても なお
君を想うよ

咲いては枯れゆく花
ゆらりゆれる
それでも なぜ こんなにも
君を想うの?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君ヲ想フ 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-04
商品番号:ESCL-2691
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP