白い花言葉

この曲の表示回数 3,955
歌手:

小宮恵子


作詞:

星野哲郎


作曲:

吉田矢健治


蓼科山(たてしなやま)の 山蔭に
仄(ほの)かに咲いた 白い花
これを私と 思ってと
胸に飾って くれたきみ
おぼえているよ いつまでも
一人静(ひとりしずか)の 花の言葉を

傾(かし)げた傘の その下で
肩ふるわせて 無くきみに
せめて怨みを 言われたら
旅へ発(た)つ身も 軽かろうに
黙っておれを くるしめた
一人静(ひとりしずか)の 花の涙よ

信濃の里に 咲く花は
信濃の里で 散るさだめ
旅に荒(すさ)んだ おれよりも
こころやさしい その人に
与えておくれ 迷わずに
一人静(ひとりしずか)の 花のこころを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白い花言葉 歌手:小宮恵子

小宮恵子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-21
商品番号:KICX-3567
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP