鉄道唱歌

坂本九

鉄道唱歌

作詞:大和田建樹
作曲:多梅稚
発売日:2007/09/05
この曲の表示回数:56,328回

鉄道唱歌
汽笛一声 新橋を
はやわが汽車は離れたり
愛宕(あたご)の山に入(い)り残(のこ)る
月を旅路の友として

右は高輪(たかなわ) 泉岳寺(せんがくじ)
四十七士の墓どころ
雪は消えても 消え残る
名は千載の後までも

国府津(こうづ)おるれば馬車ありて
酒匂(さかわ)、小田原 とおからず
箱根ハ里の山道も
あれ見よ雲の間(あいだ)より

はるかに見えし富士の嶺(ね)は
はや我がそばに来(きた)りたり
雪のかんむり雲の帯
いつも気高き姿にて

駿州(すんしゅう)一の 大都会
静岡いでて安倍川(あべがわ)を
わたればここぞ宇都(うつ)の谷(や)の
山きり抜きし洞(ほら)の道

名高き金の鯱鉾は
名古屋の城の光なり
地震のはなしまだ消えぬ
岐阜の鵜飼(うがい)も見てゆかん

東寺(とうじ)の塔を左みて
とまれば七(しち)条ステーション
京都京都と呼びたつる
駅夫(えきふ)の声も勇ましや

東にたてる東山
西にそびゆる嵐山
かれとこれとの麓ゆく
水は加茂川桂川

送り迎うる程もなく
茨木吹田うちすぎて
はや大阪につきにけり
梅田はわれを迎えたり

三府(さんぷ)の一(いち)に位して
商業繁華の大阪市
豊太閤のきずきたる
城に師団はおかれたり

神戸は五港の一つにて
あつまる汽船のかずかずは
アメリカロシア支那印度
瀬戸内(ない)がよいも交りたり

おもえば夢か時の間に
五十三次走り来て
神戸の宿(やど)に身をおくも
人につばさの汽車の恩

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:04:45

  1. この空がトリガー
  2. 初心LOVE
  3. つながり
  4. 別れの日に
  5. 糸

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照