ガード下の靴みがき

宮城まり子

ガード下の靴みがき

作詞:宮川哲夫
作曲:利根一郎
発売日:1999/01/21
この曲の表示回数:93,420回

ガード下の靴みがき
紅い夕陽が ガードを染めて
ビルの向うに 沈んだら
街にゃネオンの 花が咲く
俺ら貧しい 靴みがき
ああ 夜になっても 帰れない

「ネ 小父さん みがかせておくれよ
ホラ まだ これっぽちさ
てんで しけてんだ
エ お父さん? 死んじゃった……
お母さん 病気なんだ……」

墨に汚れた ポケットのぞきゃ
今日も小さな お札だけ
風の寒さや ひもじさにゃ
馴れているから 泣かないが
ああ 夢のない身が 辛いのさ

誰も買っては 呉れない花を
抱いてあの娘が 泣いてゆく
可愛想だよ お月さん
なんでこの世の 幸福(しあわせ)は
ああ みんなそっぽを 向くんだろ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:03:30

  1. 二人だけ
  2. かあさんの詩
  3. ノクターン
  4. 燦めく星座
  5. 雪國

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Have a nice day
  2. 僕らの季節
  3. 料理
  4. なきむしうさぎ
  5. クエスチョン

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照