ガード下の靴みがき

この曲の表示回数 49,278
歌手:

宮城まり子


作詞:

宮川哲夫


作曲:

利根一郎


紅い夕陽が ガードを染めて
ビルの向うに 沈んだら
街にゃネオンの 花が咲く
俺ら貧しい 靴みがき
ああ 夜になっても 帰れない

「ネ 小父さん みがかせておくれよ
ホラ まだ これっぽちさ
てんで しけてんだ
エ お父さん? 死んじゃった……
お母さん 病気なんだ……」

墨に汚れた ポケットのぞきゃ
今日も小さな お札だけ
風の寒さや ひもじさにゃ
馴れているから 泣かないが
ああ 夢のない身が 辛いのさ

誰も買っては 呉れない花を
抱いてあの娘が 泣いてゆく
可愛想だよ お月さん
なんでこの世の 幸福(しあわせ)は
ああ みんなそっぽを 向くんだろ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ガード下の靴みがき 歌手:宮城まり子

宮城まり子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-01-21
商品番号:VICL-60339
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP