風を連れて

この曲の表示回数 7,619
歌手:

沢田知可子


作詞:

純花


作曲:

純花


蒼く月が光れば 眠りかけた町並み
ガラス窓に映った それぞれの今日
哀しみも痛みも いつの間にかほどけて
こぼれた涙の分 優しくなれる
あの人の言葉が 今になって
心で響いた 風のように

独りでいる事も 時に悪くもないわ
誰も知らないはずの 私に会える
きっともうそこまで 彩る朝は来てる
両手を差し伸ばせば 届きそうなの
いつか見てた夢が つぼみのまま
心で騒いだ 風よ変われ

哀しみも痛みも いつの間にかほどけて
こぼれた涙の分 優しくなれる
あの人の言葉が 今になって
心の岸辺で 騒ぎ始める

そよぐようにさらさら 生きてゆきたい
一縷(いちる)の光と風を連れて、、、、、
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風を連れて 歌手:沢田知可子

沢田知可子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-10-17
商品番号:YMCL-10004
ヤマハミュージックアンドビジュアルズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP