1977

この曲の表示回数 4,202
歌手:

GUILD9


作詞:

世良公則


作曲:

世良公則


はじめて覚えた “C”のコード
それはもうひどい響きだった
それでもなぜか 不思議なくらい
誇らしかった

眠る時間も忘れるほど
心がざわめいたあの夜
終わることのない この冒険の旅は 始まっていたんだ OH!

1968…あの時から なんにも変わってないんだな
1968…あの時のオレが 遠く未来から手を振ってる

いつだって 自由だけは
味方だと信じてた
「なぜ?」だなんて
疑うことさえしないまま

前に進むこと諦めたとき
そこが冒険の終点なんだと
心の針が 指し示した方角(ほう)へ ただ、がむしゃらに OH!

1977…あの時の 自分を信じていたいんだな
1977…確かに聞こえた 心が「yes!」と叫んでた!

忘れない あの日オレを送り出した
アイツの顔
その時、はじめて
夢を背負う重さに気がついた OH!

1977…“ひかり”の中に延びる 永い永い道
1977…あの時のオレが 遠く未来から手を振ってる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:1977 歌手:GUILD9

GUILD9の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-10-03
商品番号:MUCD-1267
ドリーミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP