試聴する

冬のくちびる

この曲の表示回数 12,282
歌手:

美空ひばり


作詞:

石本美由起


作曲:

船村徹


窓のガラスに くちづけて
夜の向うの おもかげ探す
北の港は 荒れ模様
お酒飲んでも 独りでは
胸に寒さが しみとおる

いつか一緒に くらす日を
いつも女は 心に願う
北の港は また吹雪
雪に埋れた 波止場には
想い通わす 船もない

燃えて求める 愛もなく
冬のくちびる 凍(しば)れて痛い
北の港は 雪景色
せめて今夜は 夢にでも
逢いに帰って 頼むから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬のくちびる 歌手:美空ひばり

美空ひばりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-05-29
商品番号:COCA-14190
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP