試聴する

dears

この曲の表示回数 65,380
歌手:

GACKT


作詞:

Gackt.C


作曲:

Gackt.C


降り続く雨の中で
虚ろげに空を見上げていた
限り無く広がる果てに
自由を求める鳥の群れが鳴いていた

失った笑顔の数だけ
決して裏切ることは出来ないのだと
何度もそう心で呟いた

たとえどんなに傷ついても
どれだけ傷つくことになっても
誰にも僕は止められない

僅かな光を見つければいい
今は太陽があがらなくても
「降り出した雨はいつかやむんだね…」

歩き疲れていた君は
手の中で消えてゆく夢を抱いていた

この命が尽きたとしても
忘れられない大切なことがある
同じ時代を共に戦ったこと

たとえこの声が届かなくても
二度とあの頃に戻れなくても
叫び続ける僕がいる

どれだけ時代が流れても
体を揺さぶる想いのままに…
戦い続けた証は残るから

誰もが生まれてきた意味を
探し続けている

たとえどんなに傷ついても
どれだけ傷つくことになっても
誰にも僕は止められない

僅かな光を見つければいい
今は太陽があがらなくても
「降り出した雨はいつかやむんだね…」

「そうさ、この雨はいつかやむんだね…」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:dears 歌手:GACKT

GACKTの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/09/24
商品番号:CRCP-40130
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP