ブルームーン

この曲の表示回数 8,984
歌手:

Chicago Poodle


作詞:

辻本健司


作曲:

花沢耕太


手を伸ばせば指先で触れそうなくらいの
夜の淵 黒い闇

陽は眠り 星が流れ 街路樹揺らす風
生ぬるく頬を舐める

もしこの世界がいつか苦しみで満ちたなら
「二人で飛び立とう」なんて笑って見上げた ブルームーン

あやふやにはぐらかしてた
将来が顔を覗かせてる タイムリミットは迫ってる

この世界の中で僕は何の為に生まれたの?
あの場所に君を連れて行くためかなぁ ブルームーン

この現実(とき)と理想(ゆめ)の果てに何が待つと言うのだろう?
辿り着けるかどうかなどわからないけど行こう ムーン

茶化しながらもなお下手な絵空事を描いてる
「二人でいつか行こう」 なんて笑って見上げた ブルームーン
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ブルームーン 歌手:Chicago Poodle

Chicago Poodleの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-11-30
商品番号:GZCA-5239
GIZA

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP