試聴する

春風トレイン

この曲の表示回数 533
歌手:

Chicago Poodle


作詞:

山口教仁


作曲:

花沢耕太


ふわり吹いた風はまだ少し冷たくて
君の手の温もりを ふと思い出した
三度目の春が来ても 一人に慣れた今でも
ずっと忘れない

改札の向こう側 ベンチに座って
いつも先に君が待ってくれてたんだ
僕を見つけ嬉しそうに 「早くしないと遅れるよ」って笑ってた

線路沿いの桜が咲いてる
スーツ姿は似合うかな

扉が開いて僕は今
新しい世界へゆくよ
ガタンと揺れたなら出発さ
隣には その笑顔は 無くても

当たり前なんてもの何処にもないのに
いつだって勘違いしてしまうんだよ
そうやって同じことを繰り返しては
また失くす 馬鹿だよな

踏切を越えた辺りで
スピードが上がる 花びらが舞う

窓から変わるがわる流れる
景色が飛び込んでくるよ
君は今どんな景色を見てるかな
それがどうか素晴らしいものであるように

扉が閉まって僕は今
新しい世界へゆくよ
どんな未来が待っていようとも
風纏って 少しだけ 誇らしく

いつかは誰かと恋をして
誰かを愛したとしても
君がいたから僕がここにいるんだ
それだけは 変わらないよ いつまでも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春風トレイン 歌手:Chicago Poodle

Chicago Poodleの新着情報

  • 決意 / ♪健やかなるときも病めるときも
  • One Voice / ♪冒険に出たあの2009 I believe
  • Wonderful Days / ♪にわか雨が上がったら出会った
  • ツナグモノ / ♪やっぱり君は君のままだね
  • Free Bird / ♪シンと静まるまだ誰もいない朝

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-07-24
商品番号:GZCA-5290
GIZA studio

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP