北の挽歌

この曲の表示回数 16,974
歌手:

坂本冬美


作詞:

たかたかし


作曲:

浜圭介


吹雪がやんで 雲間が切れて
海風にまかれて 海猫(ごめ)が啼く
オショロマ岬 番屋では
夜通し 焚火たく
浜の女がよー 今日も沖を見る
かわいい男衆(ヤンシュウ)の 漁船(ふね)を待つ
あんたが無事で もどって来たら
死ぬほどあんたを 抱いてやる

この子を膝に 遊ばせながら
髭面(ひげづら)をゆるめて 呑んでいた
真冬の海は 寒かろに
涙が 頬つたう
浜の女がよー 今日も沖を見る
こどもを抱きしめ 背伸びする
あんたを今も 死ぬほど好きと
風吹く浜辺で 呼んでみる

浜の女がよー 今日も沖を見る
かわいい男衆(ヤンシュウ)の 漁船(ふね)を待つ
あんたが無事で もどって来たら
死ぬほどあんたを 抱いてやる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の挽歌 歌手:坂本冬美

坂本冬美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-09-28
商品番号:TOCT-25751
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP