女のかぞえ唄

吉幾三

女のかぞえ唄

作詞:吉幾三
作曲:吉幾三
発売日:1998/01/21
この曲の表示回数:53,977回

女のかぞえ唄
潮風乗って 港のカモメ
あの人 恋しいと 泣いている
日暮れ間近の 女の宿に
泊まるは 北の風と 波の音
帰ってくるはずないのにネ
窓に書きます 罪ごころ
漁火…灯台…女のかぞえ唄

何処からきたか 波止場に霧が
あの人 逢いたいと 降っている
夜明け間近の 港の船は
今日も 海の彼方へ 旅に出る
泣いてちゃ何にも見えないネ
あなたを待ってる 港町
海鳴り…引き潮…女のかぞえ唄

このまま夢で あなたと逢えて
眠っていたいよ 窓灯り
涙も枯れた 夜明けの波止場
朝待つ 女の夢を 凍らせて
帰ってくるはずないのにネ
誰かが答える 港町
夕焼け…海猫…女のかぞえ唄

帰ってくるはずないのにネ
誰かが待ってる 港町
漁火…灯台…女のかぞえ唄

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 12:15

  1. 忘れないわ

    中島啓江

  2. 檸檬

    さだまさし

  3. 涙の中を歩いてる

    いしだあゆみ

  4. うっせぇわ

    Ado

  5. blue cores

    petit milady

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成