涙は眠れない

この曲の表示回数 6,431
歌手:

西郷輝彦


作詞:

星野哲郎


作曲:

叶弦大


僕のこの目をじっと のぞいてごらんよ
わかるはずだよ せつない胸が
知らずに踏んだ 野バラの花を
すててきたのは 僕だから 僕だから
涙は 涙は 瞼をぬらし
眠れないのさ 愛していたからさ

何もいわないことが いちばんいいのさ
嘘になるから 黙ってるのさ
夜霧のなかへ 忘れていった
たったひとつの 恋だから 恋だから
涙は 涙は 昨日も今日も
清いひかりを 忘れちゃいないのさ

みんな楽しくうたう 湖畔のロッジへ
ひとりきたのさ 忘れるために
このままここで 枯れ葉のように
散ってゆくのは いやだから いやだから
涙は 涙は 小川のように
僕のこころを流れているんだよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:涙は眠れない 歌手:西郷輝彦

西郷輝彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-25
商品番号:CRCN-20307
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP