試聴する

君は僕のものだった

この曲の表示回数 16,001
歌手:

ミドリカワ書房


作詞:

緑川伸一


作曲:

小倉しんこう


髪を短く切ったばかりの 君が笑う
天ぷらそばを啜りながら 眼鏡が曇って真っ白け
強い日差しの下で水着の 君が笑う
子供のような体つきが 海へ走って行く
いくつもの君を閉じ込めた このビデオカメラ
死ぬまで僕は 君を撮り続けるつもりだったのに
真っ暗な部屋 膝を抱えて テレビの中の君を観てる
梅酒のグラス 君が持ち上げ 缶ビールで僕も乾杯する

井の頭公園 池の畔 君が笑う
ボートには乗らなかったのに 何でだよ神様
いくつもの君を閉じ込めた つもりでいたけど
本物の君は 僕を捨てて消えてしまったんだなあ
真っ暗な部屋 膝を抱えて テレビの中の君を観てる
結婚式の 真似事をした このシーンで僕は毎回泣く

いくつもの君を閉じ込めた このビデオカメラ
死ぬまで僕は 君を撮り続けるつもりだったのに
真っ暗な部屋 膝を抱えて テレビの中の君を観てる
裸の君が恥ずかしそうに 僕を見上げて 舌を出した
君が揺れてる 揺さぶられてる 僕は今夜もズボン下ろす
君が叫んだ 僕の名前を 確かに君は僕のものだったんだ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君は僕のものだった 歌手:ミドリカワ書房

ミドリカワ書房の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-07-13
商品番号:TKCA-73654
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP