野球~キャッチボール~

この曲の表示回数 8,047
歌手:

浜圭介


作詞:

田久保真見


作曲:

浜圭介


約束もない日曜日
少し汚れたガラス窓から
少年達のキャッチボールを
ぼんやりみつめてる

強すぎれば つかめない
弱すぎれば 届かない
まるで 人生そのもの

父さん 私が男だったら
野球を教えてと言ったのに
女だから 女だから
いつも背中をながめてた

別れましょうと 言えるのか
裏切られても 連いてゆくのか
心の中のキャッチボールを
ぼんやりみつめてる

愛はいつも くり返し
泣き笑いの くり返し
それは 人生そのもの

父さん 私が子供の頃は
大人になりたいと思ってた
だけど今は だけど今は
遠いあの日にもどりたい

逃がしたなら 追いかける
失くしたなら あきらめる
まるで 人生そのもの

父さん 私が男だったら
女を 泣かせやしないのに
女だから 女だから
膝を抱きしめ 泣いている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:野球~キャッチボール~ 歌手:浜圭介

浜圭介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-06-08
商品番号:CRCN-1544
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP