想樹−そうじゅ−

この曲の表示回数 3,975
歌手:

しほり


作詞:

しほり


作曲:

しほり


長く、険しい道が
果てなく続けども
今日と同じ一日なんてない、と
時間(とき)を刻んで

人は弱いものだと
思い知ったからこそ
強くあれ、と
言い聞かせながら
凛と顔上げてきた

雨に打たれながらも
風が吹き荒ぶ日にも
ただ前だけ向いて生きてきた
大地、根ざして

心の奥 いつも佇む
想い揺らがぬように

時に蘇るのは
夢を決めたあの日
届きそうで、未だ届かず
指を伸ばし続ける…

あの頃の思い出が
セピア色になる日まで
幾つもの季節を越えてく
ずっと、変わらず

胸に抱く この願い
大きく、大きく育まれて
芽咲けよ、と。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:想樹−そうじゅ− 歌手:しほり

しほりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-06-08
商品番号:LACA-15122
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP