雨の港町

この曲の表示回数 11,047
歌手:

森昌子


作詞:

いではく


作曲:

遠藤実


濡れた髪の雫が頬をつたい
薄い化粧 色を落としてゆく
北の町の雨には恋を失くした
私に似合いの寒さがある
たった一言さよならと
告げて別れた悲しみを包むように
降る降る降る降る 雨の港町

雪に変わりそうだとみぞれまじりの
空を見上げ人は急ぐばかり
誰れも辛さ悲しさ慣れているように
背中で語って行き過ぎて行く
あなた愛して夢をみて
胸にポッカリ空いた傷洗うように
降る降る降る降る 雨の港町

過ぎた日々は映画のコマのように
白い雨の街に浮かんで消える
遠くひびく夜汽車は今日も誰かの
哀しみ運んで来るのでしょうか
今夜限りで忘れます
頬に伝わる涙さえ流すように
降る降る降る降る 雨の港町
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨の港町 歌手:森昌子

森昌子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/07/04
商品番号:PCCA-2470
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP