光への叫び

この曲の表示回数 6,273
歌手:

真田広之


作詞:

千葉真一


作曲:

杉真理


あんなに好きだった
あのひとが死んだ!
どんな時も 心の支え
だったあなたが……

日蔭で生きるのが
俺は好きだよって
ひっそりと影のまゝで
生き抜いた人

人にはそれぞれに
定めがあるけれど
倖せを手にしないで
消えて行くなんて!

ほんの少しだけ
光の中へ
影を捨て 入り込んで
行ったからですか?

恋のめぐり逢いを
初めて手につかみ
子供みたいに 嬉しそうだった
なぜ、なぜですか?……

日蔭と 光とが
俺たちの人生

汗と血と涙の中、生きて行くのさ

俺たちにだって 光のその中で
生きることが 許されても
いい筈なんだ!

教えて、なぜなのか
光、支えつづけ……
それなのに 流れ散って
帰らない、あなた

わからない (なぜ!)
わからない (なぜ!)
燃えて、燃やして
わからない (なぜ!)
わからない (なぜ!)
燃えつきてもいい!

なぜ (なぜ!) なぜ (なぜ!)
なぜ (なぜ!) なぜ (なぜ!)
……
あゝ あゝ……(叫び、叫び――)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:光への叫び 歌手:真田広之

真田広之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-08-21
商品番号:ESCB-1636
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP