北の叙情詩

この曲の表示回数 6,083
歌手:

海援隊


作詞:

武田鉄矢


作曲:

花岡優平


北の緑に身を染めれば 時の流れ緩やかに
眠りより深き 安らぎが包む
喋り疲れた唇が しばらく言葉を 忘れたいという
瞳はここで 眠りたいという

木もれ陽 揺らす もみの木の下
汗も拭かずに 座りこめば
もみの梢が 囁きかける
俺がすこし 背を伸ばす間(ま)に おまえは死んでしまうのだから
過ぎてゆく季節を 惜んでみろと

山の小川に 身を屈めて 土を耕す男達が
両手で抄った 水を飲みほす
何度も飲みほす その姿が
祈る人の様に 僕には見えた
夕闇の中で なぜか 涙が
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の叙情詩 歌手:海援隊

海援隊の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-12-01
商品番号:POCH-1441
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP