キミは空、ボクは鳥

この曲の表示回数 5,505
歌手:

霜月はるか


作詞:

日山尚


作曲:

ぺさま


いつかは途切れるだろう 夜明けを探す二人
歩いた道を辿れば もつれた糸は永く

(うつろな瞳は) 暗闇見上げて 彷徨い
(明日を求めて) キミが空へ進むなら

嵐の雲間に羽ばたく鷹になろう
世界を見渡す ボクが共に往く キミと

ふとした旅の途中に 記憶が色褪せても
消せない罪の楔(くさび)を 独りで抱えたまま

(心に雨降る) 昔の涙に溺れて
(身体も冷たく) キミが海に沈むなら

逆まく波間に漂うクジラのように
すべてを遮り ボクが護るから キミを

変わることも変わらないことも 願っている
微睡(まどろ)みから醒めたくない朝 曖昧な今を

キミが微笑む場所に迷わぬように
やさしく導く キミの風になる

世界の果てでも ボクはキミを想うよ
止まった時計が いつか動き出す日まで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キミは空、ボクは鳥 歌手:霜月はるか

霜月はるかの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-02-23
商品番号:QECB-1029
b-green

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP